アセットアロケーションとは

アセットアロケーションって?

資産の円グラフ投資ではアセットアロケーションという言葉をよく聞きます。そのアセットアロケーションの意味は、アセットが資産でアロケーションが配分で、つまり資産を各種金融商品で配分して少しでもリターンを上げていこうという方法です。

金融商品は銀行預金と違って元本は保証されていません。必ずと言っていいほどリスクが有ります。昔は安全な資産だった国債も安全とは言えなくなり、安全資産として定期預金もアセットアロケーションで利用されるようになりました。

何のためにやるのか

アセットアロケーションの目的はリスクを許容範囲まで抑えることです。リスクがいくらあっても大丈夫なら、資産配分などしないで株やFXなどのハイリスクな金融商品だけを取引すればいいわけです。

<スポンサードリンク>

アセットアロケーションをするときは、まず各種金融商品の性格を知る必要が有ります。株と債券だけではなく不動産や金などの物的資産も実物に投資をしたり、投資信託として投資が出来ますから、多種多様な金融商品の性格を知って自分自身に合った配分を決めることです。

どのように実践すればよいか

その自分自身に合った配分ですが、投資でどれだけリスクを取れるかによって決まります。

例えば若い人ほど値下がりしても、長く持ち続けていられますから、そのうち買値に戻るだろうと積極的にリスクを取れますが、年を取るごとに持ち続けられる期間が短くなりますから、その分リスクを減らしていかなければならないです。このように、年を取るごとに株式のウエイトを引き下げて債券のウエイトを上げるアセットアロケーションをすると、状況に合わせた運用が行えます。

さらにアセットアロケーションは状況に応じて配分を変えていく必要が有ります。例えば株式市場が過熱して、保有する株式が大幅に上昇して大きく利益が出ている時には、株式の値下がりリスクを考えて株式のウエイトを引き下げることを考えたりします。逆に値下がりしている場合は、投資比率を引き上げるなどしてリターンを守ったり増やしに行くのもアセットアロケーションとしての役割です。

<スポンサードリンク>