ブル・ベア型とは

ブル・ベア型って

ブル(BULL)は雄牛の意味で、雄牛が下から上に向かって角を突き上げる様子から相場の上昇や強気な見方のことを意味し、ベア(BEAR)は熊が上から下に腕を振り下ろす様子から、相場が下落した時のことを表したものです。レバレッジ型、インバース型とも呼ばれ、合わせてブル・ベアファンドといった言い方をされます。

投資対象の資産が値上がりする時、その値上り幅以上の利益が期待できるファンドをブル型、反対に投資対象が値下がりする時に利益が出るように設計されたファンドをベア型といいます。ブル・ベア型ファンドは、一般的に1万円程度から購入することができ、大きなリターンが見込めるため、人気の商品となっています。

投資対象

ブル・ベア型の主な投資対象には、株価指数先物と、オプションと呼ばれるものがあります。

  • 株価指数先物
  • その日の株式市場全体の傾向を示すのが、日経平均株価やTOPIXなどの「株価指数」で、その指数を決められた期日に、あらかじめ決めた価格で売買契約をする取引のことを株価指数先物取引といいます。

    <スポンサードリンク>
  • オプション
  • オプション取引とも言い、あらかじめ決めておいた価格で金利や通貨などを売買する取引のことです。買い手側に3つの選択肢(オプション)があることからこう呼ばれています。

    ブル・ベア型ファンドとレバレッジ効果

    ブル・ベア型ファンドにはレバレッジ効果を利用したものが多く見受けられます。レバレッジ効果とは金融における「テコの原理」のことで、小さい力によって大きな効果を出すという意味です。これを投資信託に置きかえると「小額の投資によって多額の利益をを上げ、収益性を高める」ということになります。具体的には、自己資金と借入金を併用することで、投資資金に対して数倍の取引を行うことができます。

    一般にレバレッジ効果を活用する取引は、対象となる商品の価格変動によって大きな損益が発生する、ハイリスク・ハイリターン型となっています。実際に短期間に資産を築いた人の多くが、レバレッジ効果の大きなリターンによって成功しています。

    <スポンサードリンク>