分別管理による保有資産の安全性

投資信託に関わる機関

安心・安全
本題に入る前に、前提として知っておくべき知識から入ります。

投資信託には大きく3つの機関が関わっています。その3つとは、投資信託委託会社、販売会社、受託銀行を指します。

以上のように、投資信託と言ってもそれぞれの機関が別々の役割を担っているのです。この辺の話をあまり知らない人は、ネット証券などが販売だけでなく運用資金も管理しているといった誤解をしているパターンが稀にあります。

<スポンサードリンク>

分別管理とは

はい、本題です。分別管理とは、上で説明した内容にも被るのですが運用資金は実際に運用する会社とは別に管理しましょうという管理方法です。

その1番の理由は、お金を預かるのが仕事の銀行に運用資金を預けておけば安心だからです。大手の資産運用会社で持ち逃げなどが起きるとは限りませんが、いざ手元に巨額のお金があるとなっては、一部の人が何か怪しいことをするとも限りませんよね。

運用はどのように行うのか

お金が受託銀行に保管されているとなっては、運用はどのように行うのかという疑問が浮かんできますね。

その答えはいたって単純です。投資信託委託会社が受託銀行に指示を出し、それに従って受託銀行が売買を行います。実際に売買を行うのは受託銀行ということです。

その際、委託会社からきた指示が運用方針に沿った内容であるかを精査します。もし適切ではないと判断した場合、その指示は却下され売買は行われません。

<スポンサードリンク>