分配型と無分配型

分配とは

分配型と無分配型
分配型と無分配型を説明する前に、みなさんは投資信託の分配をご存知でしょうか。分配とは俗に言う分配金を意味します。

投資信託を一定口数保有していると、その量に合わせて定期的にお金をもらうことができます。これが分配金です。1万口につき毎月100円の分配金を出すファンドであれば、10万口保有していると毎月1000円ずつもらえるといった感じです。

分配のあるなしとは

上で説明した分配のあるファンドが分配型、ないものが無分配型となります。一見すると分配型の方がお金がもらえてお得のようにも見えますが、実はどちらが良いというものではなく、人によって環境や運用資産が違うのと同じように、組み入れるタイプも変わってきます。

また、一言で分配型と言っても分配の周期はファンドによって異なり、純資産総額における分配金の比率も異なります。分配型の投資信託についての詳細な考察は分配型投資信託は損?税金とタコ足配当をご覧ください。

<スポンサードリンク>

分配型のメリット・デメリット

分配型の代表的なメリットに、収益性の高さがあります。上昇した分の基準価額から得られる利益を分配することなくファンドに組み込むため、複利の力を存分に発揮します。

デメリットとしては、手元にお金が返ってくるまで時間がかかることです。一旦運用を始めると長期で回す必要があるため、簡単に解約したり、定期的に手元にお金が入ってくるといったリターンはありません。あくまでも、長期的な複利の力を活用した運用手段になります。

無分配型のメリット・デメリット

無分配型のメリットはなんと言っても定期的にお金が手元に入ってくることです。ファンドの基準価額の話は抜きにしても、決まった期間で決まった額のお金がリターンとして入ってくるのは、安心感にも繋がります。

ただ、この分配金は収益性から見るとデメリットにも成り得ます。分配金とは純資産から引き出されるものであり、純資産が減れば基準価額が下がります。そのため、分配型の投資信託は基準価額が上昇しにくいという特徴があります。

<スポンサードリンク>