インデックス型とは

インデックス型って?

インデックスファンドとは、日経平均やTOPIXのようなインデックスをベンチマークに、その値動きに連動した運用成績を目指すファンドです。最低でも1本持っておくといいと言われており、世界中で親しまれている投資信託のスタンダードだと言えます。

一般の株式投資はまず銘柄投資が難しく、自分では選び抜いたつもりの銘柄でも、あっさり大幅に下落することがあります。また、昼間は株価が気になってついチェックしたくなります。

日経平均連動型のインデックスファンドであれば、銘柄選びに迷う必要はなく、日経平均の銘柄数である、225社に投資しているのと同じ分散効果があるので企業の業績を詳しく調べる必要がありません。また、ベンチマークとしているのが日経平均株価なら仕事をしながらどこでも上がっているか下がっているか、すぐに情報をキャッチできます。

<スポンサードリンク>

そんなシンプルさ、情報の入手のしやすさに加えて、多くの銘柄に分散投資するので、1銘柄が大幅下落してもその影響が小さくなります。
また、アクティブファンドと比べると、運用管理費用が安く、購入時手数料も無料のものがあったりするので割安なのも特徴です。

インデックスファンドのメリット

  • 分散投資ができる
  • 日経平均連動型は225銘柄、TOPIX連動型は1700銘柄程度に分けて投資します。株式は銘柄により多額の資金が必要な場合がありますが、インデックスファンドなら1万円程度の資金でも分散投資ができます。

  • 手数料が安い
  • アクティブファンドは運用管理費用が年1%を超えるものがほとんどですが、大部分のインデックスファンドは1%未満で、その違いは歴然です。また、購入時手数料を無料にしたノーロード型もいくつかあります。

  • 分かりやすい
  • 国内株式型なら、日経平均連動型にするか、TOPIX連動型にするかという違い程度です。どちらも日本の経済全体に投資するので、シンプルで分かりやすいでしょう。株価指数の今後を予測する情報も豊富に提供されています。

    <スポンサードリンク>