投資信託委託会社の役割

証券会社や銀行の窓口で販売されている契約型投資信託は委託者指図型投資信託といって、投資信託委託会社が管理運用しないで、投資信託の管理運用を受託した信託銀行が行います。

そのため、金銭のやり取りは証券会社や銀行が投資信託委託会社と直接行わずに、投資信託委託会社が指定した信託銀行とやり取りをします。そして、投資信託委託会社が受け取る報酬は、信託銀行が管理する投資信託の資産から、資産に応じて予め決められた率の報酬を徴収しています。

投資信託委託会社は、投資信託を設定して投資信託の販売を銀行や証券会社に委託をして、集まった資金を信託銀行に信託します。それで投資信託を販売する為に投資信託委託会社は、投資信託の性格や運用方針を記載したパンフレット型の目論見書を制作します。

<スポンサードリンク>

銀行や証券会社はその目論見書を使って顧客に投資信託の説明をして販売をします。そして投資信託が販売されて資金が集まれば、運用開始日から投資信託委託会社は信託銀行に運用の指示を出して運用を開始します。

運用開始後は毎営業日ごとの投資信託の基準価額を算定して、販売会社に通知をします。さらに、定期的に運用内容や結果を投資信託の購入者に伝える為に運用報告書や適時開示資料を作成して、販売会社を通じて購入者に渡します。

投資信託を直販する投資信託委託会社は、販売会社の役割も兼ねていますが、長期的に顧客の金を預かることが出来なくて、顧客が投資信託を購入しない場合は、顧客に返金をします。

分配金に関しては、振り込みのコストが掛かる為、極力分配金を出さないようにしているか投資信託に再投資して預かり金として持たないようにしています。

<スポンサードリンク>