受託銀行の役割

受託銀行って?

分別管理投資信託は、投資信託委託会社が販売会社で投資信託を販売して資金を集めて運用をします。

この時、投資信託委託会社は集めた資金をそのまま運用しないで、信託銀行に運用資金を信託します。この時の信託銀行を受託銀行といいます。

 

受託銀行は投資家の資産を安全に管理保管をします。受託銀行が投資信託の資産を管理することで投資信託委託会社が倒産することになっても、資産が分別管理されているから資産が保護されます。そして資産の払い戻しも投資信託委託会社に代わって受託銀行が払い戻しをしてくれます。その上分別管理ですから、投資信託委託会社が投資信託の資産を不正に流用することも防いでいます。

<スポンサードリンク>

その他の役割

他にも受託銀行の役割として、投資信託委託会社の指図を受けて投資信託の資産を使っての有価証券等の売買を行います。この時、投資信託の運用方針と違う指図は受託銀行は受け付けず、投資信託の資産を保護します。そのため、
投資信託委託会社は受託銀行に指図出来るとはいえ、投資信託の資産を不正に流用することは不可能
だということです。

ただ、投資信託の性格や運用方針に沿った指図であれば、それを忠実に実行しますから投資信託委託会社の指図による注文の執行での売買で出た損失等は受託銀行側の責任外になります。つまり、受託銀行は投資信託の資産を安全に管理保管するとはいえ、正当な指図からの売買注文による資産の毀損までは防ぐことはないということです。

受託銀行の形態

そして受託銀行によっては、各投資信託の資産を一つにまとめて一括管理をするファミリーファンド方式を活用しているいる受託銀行も有ります。各投資信託をベビーファンドとして、ベビーファンドの資産を一括管理するマザーファンドで運用資金の効率化と規模のメリットを生かした売買で売買コストを削減しています。

投資信託委託会社は受託銀行のファミリーファンドの性格に合わせて、投資信託の受託銀行を選んでいます。そうすることによって、投資信託の運用の効率化を図り、少しでも投資信託の運用成績を高めようと努力をしています。

<スポンサードリンク>