投資信託と株やFXとの違いは

どんな違いがある?

そもそも投資信託とは何かというと、忙しくて運用の経過がチェックできない人や、株式や債券の銘柄選びや運用について詳しく知らず自信がない人に代わり、プロの専門家がお金を預かって一つにまとめ、その資金を専門家が株式や債券などに投資・運用する金融商品のことを言います。プロが結果を出してくれると信じてお金を託すことから、縮めて投資信託と呼ばれます。

投資信託は一つ一つの商品によって、投資家から集めた資金をどんな投資対象に投資し、どうやって運用するかという運用方針が決まっています。専門家はそれに基づいて実際の運用を行っています。投資家は運用をその専門家にお任せするわけです。

株式との違い

株式は会社が投資家から出資を得るために発行され、証券と理機器所で売買され株価がつきます。大きな利益が得られる可能性はありますが、まとまった資金が必要になります。また、利益が大きい分、危険も大きいと言えます。

<スポンサードリンク>

債券との違い

債券は、国や会社が投資家から資金を借りるために発行されるものです。元本、利子の安全性は高く、数万円でも買えますが、利率が決まっていて大きな利益は望めません。安全な分、利益が小さいと言えます。

FXとの違い

投資信託とFXの違いは、取引を自分でやるか専門家に依頼するかです。投資信託では資金をもとに専門家が得意分野の商品で投資をします。FXでは全てを自分で取引するので、利益もすべて自分のものになりますが、当然、危険性も全て自分の運用の手腕ににかかってきます。

投資信託のメリット

  • 少ない金額からでも購入が可能
  • 普通、株式や債券に投資するには、ある程度まとまった資金が必要になりますが、投資信託は1万円程度からでも買うことができます。債券のように安全性が高い商品、株式のように大きな利益が得られる可能性のある商品もあり、自由に選ぶことができます。

  • 専門家が運用してくれる
  • 経済や金融などに関する知識を持つ専門家が、投資家に代わって運用してくれます。いわゆる投資のプロに運用を頼める事がメリットと言えます。

    <スポンサードリンク>