契約型と会社型

契約型と会社型の設立の違い

投資信託には、設立の仕方の違いで契約型と会社型が有ります。

契約型は投資信託の委託をする運用会社と受託をする信託銀行の間で契約が結ばれて、投資信託が運用されます。さらに投資信託委託会社と銀行証券会社との間に投資信託の販売契約が結ばれて、投資信託の販売がされます。

それに対して、会社型は会社が株式を発行するのと同じように投資口を発行して、それを投資家達に買ってもらいます。会社型の購入の仕方ですが、会社型は市場で売買をされる為、新規設立時にはブックビルディング方式で売り出し価格が設定され、上場後は市場価格で購入することが出来ます。

その他の違い

他にも契約型と会社型の違いですが、契約型はすべてを投資信託委託会社に一任するという感じで、購入者はありとあらゆる面での権限は有りませんが、会社型は株式会社の株主並みの権限を投資主として持つことが出来て、投資主総会で一定の権限を行使することが出来ます。

<スポンサードリンク>

そして契約型は運用期間が定められていて、その決められた期間に達すると投資信託が償還されて、現金として購入者に戻ってくる場合と、運用期間が定められていないタイプのに種類が有ります。そして両者とも信託財産が減少してある一定の額を割り込むと繰り上げ償還といって、早めに償還されます。

その点会社型は運用期間が定められていなくて、償還するときは株式会社と同じで投資主総会で議決されて決まります。

さらに、会社型は普通の会社と同じで資金繰りの悪化での倒産があります。よって会社型を購入するときはそういうリスクをも踏まえて購入する必要があります。

会社型の倒産はなぜ起こる?

会社型がなぜ資金繰りが悪化の倒産が有るかですが、契約型は投資家から集められた資金だけで運用するのと違い、不動産上場投資信託などは投資家から集めた資金だけでは十分な運用資産を確保出来ず、購入した資産を担保に銀行などから融資を受けて、新たに不動産を購入しています。

そして不況で運用収益が減少して担保価値が下落すると、返済能力が無くなって返済出来なくなり倒産をします。会社型が倒産すると株式会社と同じで投資口は債務を返済する義務は生じませんが価値が無くなりますから、投資口を買った人達は損をすることになります。

<スポンサードリンク>