目論見書とは

目論見書とは投資信託における重要な書類の一つで、その投資信託の事業その他の事項(投資内容、販売期間などの大切な項目)が記載され、投資家が投資判断をするうえでの判断材料となるものです。

目論見書の種類と役割

目論見書には交付目論見書と請求目論見書の二つがあり、交付目論見書には基本的な条項が記載され、請求目論見書には詳細な情報が記載されています。ネットで閲覧することができ、対面型の販売会社でも頼めば見せてくれます。投資信託のほかにも、株式や社債などでも目論見書を使用しています。

投資家が投資信託を買い付けする時は、事前に買い付け代金を販売会社の口座に入金しておき、ネット証券会社なら買い付け画面で選んだ投資信託、講座、分配金の受け取り方法などを入力して申し込みを行います。

<スポンサードリンク>

しかし、投資家は投資信託を行う際に、必ず交付目論見書を読んでから買い付けをする必要があることが法律で定められているので、例えばネットの画面なら、目論見書の最後にチェックを入れないと手続きを先に進めることができません。

交付目論見書で確認できる項目

  • 運用目的
  • 例えば「分散投資でリスクの軽減に努める」など、投資信託の運用に関する基本的な目的、特色が記載されています。

  • 投資リスク
  • 株価変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスクなど基準価格の変動要因のリスクがすべて記載されています。

  • 手数料など
  • 投資信託の信託期間、満期日、決算日、分配金、買い付けや解約の際の手続き方法や、手数料について細かく記載されています。

  • 運用実績
  • 投資信託の基準価格の推移、純資産の推移、分配金の推移など、過去の運用実績が簡略に記載されています。
    そのほかにも、資本構成、財務諸表、手取り金の使途、発行総額、発行価格、利率などの情報も記載されています。

    <スポンサードリンク>