REIT(不動産投資信託)とは

REIT(不動産投資信託)って

REIT(不動産投資信託)とは、不動産を主な投資対象とする比較的新しい投資信託のことで、2001年11月の投資信託法改正で誕生しました。
これまで投資信託の中心だった契約型ではなく、「会社型」として東京証券取引所に上場し、売買が行われています。米国で生まれた商品のため、日本の不動産投資信託を特にJ-REIT(ジェイ・リート)と呼ぶこともあります。

不動産を個人で購入するには多額の資金が必要ですが、REITは少ない資金でも不動産への投資を行うことができます。ビルや倉庫、マンションなどに投資する不動産オーナーとして共同経営をするイメージです。

REITの仕組み

不動産投資法人は不動産投資証券を発行して資金を集めます。資金は賃貸収入を目的とした不動産(商業用ビル、娯楽施設など)を中心に投資が行われます。売買益を積極的に追及することはなく、安定した収益確保を目指します。実際の運用は資産運用会社に、資産保管をはじめとする一般事務についても、外部の専門家に委託することになっています。

<スポンサードリンク>

運用会社が毎月のテナント料や家賃、売却した時の値上がり益の中から、分配金を受ける権利を小分けにして投資家に販売し、投資に必要な資金を得ています。

REITの魅力

  • 少ない資金で投資することができる
  • 取引所に上場されているので容易に売買ができる
  • 海外へ分散投資することができる
  • 株式と同様に税制面での優遇がある

REITのもつリスク

REITの基準価格は不動産価格の変動の影響を受けます。不動産の購入と同じで、投資物件が自然災害や火災、老朽化すると建物の価値が減り、ビルの空室率などによってもREITには価格変動のリスクがあります。また、不動産価格は金利が上昇すると下落し、金利が下落すると借り手が増えるので上昇します。

また、規模が一定額に達するまでは、特定の機関投資家(証券会社のように、個人や企業から預かった資金を運用する企業投資家のこと)の動向により価額の変動幅が大きくなる場合もあるので注意が必要です。

<スポンサードリンク>