投資の3大原則【長期、分散、複利】

投資の3大原則とは

投資には3大原則があります。投資で安定して稼ごうと考えるのならば、まずはこの原則に忠実に従いましょう。そして、利益がちゃんと出るようになってきたならば、自分なりの手法を編み出していくといいでしょう。

さて、肝心の投資の3大原則ですが、

  • 長期
  • 分散
  • 複利

以上になります。

では、1つ1つの原則について解説していこうと思います。

長期の原則

投資で利益をあげるには時間がかかります。その理由は、物の価値の変化を考えれば理解することができます。

投資信託、株式、債券、不動産など様々な投資がありますが、持続的な価値の上昇には時間がかかるはずです。

例えば、株式の価値というのは企業の業績や将来性で決まります。ごく稀に爆発的なヒット商品を生み出して株価が急上昇する事例もありますが、基本的には業績がじわじわ上がるのと同時に株価も上がるはずです。

この原則に逆行して短期で儲けようとするのがデイトレード系の投資手法です。確かに、大穴をうまく当てることに成功すれば大きな利益を出せる可能性はあります。しかし、短期的な投資には不確定要素が多すぎるため、価格変動の予測が難しいです。

というより、私は価格の変動を予測しなければいけない投資手法はおすすめしていません。自動で、持続的に収益が見込めるものが本当の意味での投資だと考えているからです。→投資とは

<スポンサードリンク>

分散の原則

「卵を1つのカゴに入れるな」は有名な言葉ですが、投資に慣れないうちは投資する対象を複数持ち、分散投資を行うようにしましょう。

その理由としては、1つの投資先がうまくいかずとも他の投資先でカバーできるためです。

投資信託の例で言えば、リターンの大きい新興国の株式比率が高い銘柄のみを所有していたとします。この場合、新興国系の投資は価格変動が激しいため、一気に資産を減らす可能性があるのです。そんなときに、オーストラリアのような金利の高い通貨の債権といった固い資産と半分ずつ所有していれば、リスクを抑えることができます。

以上のような説明をしてしまうと、分散投資が絶対のような考え方に陥るかもしれませんが、ときには集中投資が必要な場面があるのも確かです。ですが、それはある程度投資に精通した段階で、ここぞ!というタイミングで自信を持って資金投入する場面だけです。

複利の原則

最後は複利の原則です。

複利とは雪だるま式とも表現され、まるで雪だるまが転がりながら大きくなるように、投資でも資産が大きくなる様子を表しています。

この原則の肝は、投資によって得た利益は更に投資に回すという理論です。投資で得たお金をすぐ他に使ってしまうのでは、なかなかお金持ちになるのは難しいでしょう。

この辺の詳しい話は複利の力を知るを参考にしてみてください。

<スポンサードリンク>