シャープ・レシオとは

シャープ・レシオとは

シャープ・レシオとは、効率係数とも呼ばれ、リターンのうち、安全資産(リスクがゼロと仮定した資産)を上回った部分( = 超過リターン)を、ポートフォリオのリスク(収益率の標準偏差)で割った比率で、リスクに見合ったリターンを出しているかどうかを判断する重要な材料です。リターンを得るためにどれほどのリスクがあるかを計測するのに使われ、この値が大きいほど効率性の高いポートフォリオといえます。

シャープレシオの計算式

(ファンドの平均リターン-安全資産利子率)÷標準偏差
なぜ、ファンドの平均リターンから安全資産利子率(リスクゼロで得られる利子の割合)を引くかというと、リスクを取った以上、リスクを取らないで得られるリターンよりも高いリターンを得られなければ、意味がないからです。

<スポンサードリンク>

収益率の標準偏差

収益率の平均値からの変動の度合いを統計学的に処理した値のこと。
投資信託の運用報告書やサイトに乗っている数字のデータでぜひチェックしたいのは、「トータルリターン率」と、「純資産推移」、「シャープレシオ」などです。リターンが仮に大きくてもリスクを大きくとる投資信託なら、次は大きく下げてしまうかもしれません。シャープレシオはリターンとリスクのバランスを見ることができ、どれだけ安定して利益を上げたのかを測る、その投資信託の質を知るための指標です。

理想の投資信託はリターンが大きく、リスクが小さい投資信託ですが、リスクとリターンを別々に見ていたのでは言い投資信託かの判断は難しくなります。そこでシャープレシオが役に立ちます。投資信託の情報サイトでも公表はされていますが、計算はリターンから銀行預金などの元本保証利率を引き、リスクで割って求められます。その数値が大きい方がいい投資信託です。シャープレシオは投資信託の商品説明の欄で見ることができ、他の商品と比較すると分かりやすいでしょう。

<スポンサードリンク>