投資で儲けたら、100円でもいいから募金するのも悪くない

投資って儲けるためにやりますよね。投資信託を買ったら「どれぐらい儲かるかなぁ?」とか楽しみになるものです。もし儲かったら旅行しようとか、何か好きなもの買おうとか、色々と妄想が膨らみます。子供の教育費のために行う人もいれば、老後の生活資金にする場合もあり、投資を行う目的は人それぞれです。

でも、投資をして儲かったら誰かのためにお金を使おうと考える人は極端に少ないと思いませんか?

確かに、自分の投資によって儲けたお金は、自分の好きなように使う権利はあるかもしれません。みんな自分の生活が大変ですし、「誰かのために」なんて考える余裕もありません。

しかし、少-しだけ見方を変えるだけで今まで見えなかった現実も見えてくるものです。例えば、私たちの使う100円と恵まれない国の方々が使う100円は、果たして同じ価値と言えるでしょうか。

世界には恵まれない子供がたくさんいるという話は誰もが聞いたことがあると思います。よく言われる話ではありますが、100円あればワクチンを使って、5人の子供を重篤な病気から防ぐことができます。

こんな事実を知ると、お金の使い方に気を付けるようになるものです。

私はコーラが好きでよく飲みます。でも、もしこの100円のコーラを買わずに寄付すれば5人の子供を救えると考えたとき、自分の選択は本当に正しいのかと悩まされます。毎回こんなことを考えながら生活しているわけではありませんが、ふと考えてしまうのです。

<スポンサードリンク>

また、人のために動く人は人からも恩恵を得られるというのは私たちが生まれるずっと昔から言われている言い伝えだと思います。そして、それは事実だと私は思っています。

確かに、誰かのためにと思って募金をしたとしても、直接その相手から恩恵を得られることはないかもしれません。でも、その募金をするという行為によって、自分の人間性や感性が洗練されると私は考えています。

以前に何かの記事で「毎月募金をしていたら生活が豊かになり、人間関係も良くなりました。」というトピックを見たことがあります。私も真似してみようと、募金をしてみたものです。

すると、それまでは「お金が減ってもったいない」と思っていた感情が、募金をした後は「誰かのためになった」という充実感を得ました。人によってはただの偽善だとか、自己満足と捉える人もいるかもしれません。

しかし、1つだけ言えることは、偽善だろうが自己満足だろうが、その行動によって救われる人がいるという事実です。その事実に変わりはありません。

せっかく自分の力で稼いだお金だからこそ、誰かのために使ってみるのも悪くはないのではないでしょうか。あなたの100円募金が5人の命を救うかもしれません。

<スポンサードリンク>