CATEGORY 投資信託運用のキーポイント

リバランスよりも現金化

リバランスより現金化

投資信託を購入する目的として、少ない資金でも分散投資が出来ることがあります。 投資信託自体が分散投資ですが、さらに投資先を大きく分散することによって更なるリスクを軽減した方が資産形成に有利に働きます。投資先を分散して、分…

時価総額で資産配分をするファンドは損です

時価総額だと損する

投資信託は値上がりより換金性が重視されます。 何故なら値上がりすると解約が増えて換金の為に株を売却しなければならず、商いの少ない銘柄だと売りで値を下げて自身の売りで運用成績を悪化させたり、換金が不十分で解約に応じれなくな…

インデックスファンドを勧める投資アドバイザーが多い理由

投資アドバイサー

投資アドバイザーと言えば、投資に詳しくて色々な投資先を教えてくれて、顧客にとって最適な商品をアドバイスしてくれる存在です。 しかし、メディアでは何故かインデックスファンドをお勧めするアドバイザーが圧倒的に多いです。インデ…

「債券ファンドは信託報酬を払う分だけ損」は嘘です

債権のイメージ

債券はリスクが小さく国債とかになるとほとんどリスクが無いと思われます。また、ファンドとして保有すると信託報酬を取られる分損だから生債券で購入して、ずっと満期まで保有するのが良いと言われています。 普通に債券を購入する場合…

ブルベア型が長期投資に不向きな理由

投資信託の中には運用成績が株価指数の2倍3倍になるブルベア型投資信託の解説はこちらの投資信託があります。 ブルベア型とはブルのタイプは株価指数の倍の上昇の成果を得られて、ベアは逆に値下がりすると利益になるタイプです。 ⇒…

資産配分は気にしなくていい

投資でよく言われることに分散投資が有ります。違った値動きをする複数の投資先に分散することでリスクを軽減した方が資産運用に効果的だからです。 そして、複数の投資先に投資をすると次は資産配分を言われます。資産配分は資産を効率…

金ETFと純金積立はどちらが良いのか。違いなど。

金ETFと純金積立

昔は金投資と言えば純金積立でして、盛んに純金積立が宣伝されていました。それが今では金ETFが出来て金をETFとして市場で売買出来るようになりました。 金ETFは商品市場ではなく東京証券取引所で取引されていて、購入売却は証…

分配金を出さないファンドの方が運用成績が良いのか?

分配金を出さない方がよい?

資産運用で複利効果はとても重要視されていて、利益を再投資するのが常識のようになっています。そのため、投資信託でも分配金を出さないでファンド内で再投資をした方が運用成績が良くなると考えている人が多いです。 分配金を再投資す…

投資信託からETFへの乗り換えはメリットが無い

ETFという上場型投資信託があります。これは投資信託が株式市場に上場していて、株と同じように投資信託が売買出来ます。 そして、普通の投資信託よりも有利な点がいくつかあります。まず購入売却のタイミングが選べます。株と同じよ…

ターゲットイヤー型ファンドは本当に老後向きなのか

ターゲットイヤーファンドのイメージ

ターゲットイヤー型ファンドとは10年20年と決められた年月に合わせて徐々にリスク資産を減らしていき、老後のリスク資産を最終的にゼロにするのが目的のファンドです。 ターゲットイヤー型ファンドが人気なのは、年齢に応じてリスク…