インデックスファンドを勧める投資アドバイザーが多い理由

投資アドバイサー

投資アドバイザーと言えば、投資に詳しくて色々な投資先を教えてくれて、顧客にとって最適な商品をアドバイスしてくれる存在です。

しかし、メディアでは何故かインデックスファンドをお勧めするアドバイザーが圧倒的に多いです。インデックスファンドよりも運用成績が良いアクティブファンドが有るのに、それらを推奨せずにインデックスファンドを推奨します。

本当に儲かる商品はメディアでは答えず、自分の所の顧客にしか言わないのでしょうか?

実は素人がアドバイザーを名乗っている

メディアに出ている投資アドバイザー達は、投資を知ってるだけの素人達が多いです。

彼らには投資の実力が無いので、投資で稼ぐことが出来ず詐欺まがいな商売をしています。実力が有るならば素人でも推奨出来るインデックスファンドなど推奨せずに、インデックスファンドよりも成績の良いアクティブファンドを推奨します。

それで実力が無いのがばれると次から仕事が貰えなくなるのを恐れて、インデックスファンドでごまかしています。

インデックスファンドは素人投資アドバイザーにとって都合が良い

株式の場合は、必ずと言っていいほど銘柄を推奨しないとアドバイザーの仕事になりません。日経平均などの株式指標を推奨出来ませんから。

<スポンサードリンク>

しかし、投資信託ならば堂々とインデックスファンドを推奨出来ます。インデックスファンドを推奨するのは素人アドバイザーにとってすごく都合がいいからです。

まず市場平均という言葉が彼らの理論を守ります。インデックスファンドなら市場平均そのものだから、インデックスファンドを買えば平均を下回らないと思わすことが出来ます。人は平均を下回ることを無意識に恐れますから、確実に平均を下回らないと思えば安心して買うことが出来ます。

そしてインデックスファンドは信託報酬が低いです。その点において低コスト、とアクティブファンドよりも有利な商品と思わせることが出来ます。そうやって素人騙しのテクニックでインデックスファンドを推奨しています。

普通にランキングを調べれば分かること

インデックスファンドが市場平均でも投資家は投資信託を買うのだから、平均を強調するなら投資信託の平均で買うべきです。

投資信託の値上がり率のランキングで調べるとインデックスファンドは平均を下回る成績です。しかも下の方は債券型が多いですから株式型ではかなり下の方ということです。低コストも運用成績には全く貢献しませんから、インデックスファンドはアドバイザーが推奨するようなファンドでは無いです。

投資の世界では騙される人は必ず調べない人です。調べないから騙されます。ですので、騙されないように投資アドバイザーの言うことはまず調べて確認して参考にするかしないか決めるようにしましょう。調べて納得したうえで購入するのはいいでしょう。

<スポンサードリンク>