投資信託からETFへの乗り換えはメリットが無い

ETFへの乗り換え

ETFという上場型投資信託があります。これは投資信託が株式市場に上場していて、株と同じように投資信託が売買出来ます。

そして、普通の投資信託よりも有利な点がいくつかあります。まず購入売却のタイミングが選べます。株と同じように売買出来ますから株と同じようにタイミングを選べるということです。

次に基準価額がその場で分かります。市場で付いている価格が基準価額ですから簡単にわかります。これがオープン型の投資信託だと購入も解約も基準価額が分からない状態で注文を出さなければならず、高値で買うことになったり、安く売ることになるリスクが有ります。

ETFにもデメリットはある

ETFの欠点として、価格の乖離があります。これはETFがマーケットメイク方式で売買をするからです。

それで投資家からの注文をすべてマーケットメイカーが引き受ける仕組みになっていて、マーケットメイカーが提示する気配値でETFを売買します。普通に板で売買するわけではないのでマーケットメイカーが提示した値段でしか売買が出来ません。

それだけなら問題ないのですが、マーケットメイカーが提示する気配値はETFの理論値よりも乖離しています。当然マーケットメイカーが有利に乖離していまして、理論値よりも高い買い気配と理論値よりも低い売り気配で売買しなければならないです。

<スポンサードリンク>

何故理論値より乖離するのか

マーケットメイカーも商売でやっていますので、投資家からの買い注文に応じる為にETFの在庫をある程度抱える必要があり、それらの値下がりリスクがあります。

そして利益を出すために安く買って高く売ります。それで商いが少ないETFは少ない取引でそれなりの利益を上げるために余計乖離が広がってしまいます。

ETFはコストが低いと言われているけれど

ETFは販売会社を通さない分、販売会社に払う信託報酬が低くなります。

そのため低コストとETFは人気になっていますが、ETFは上場費用として証券取引所にお金を払っています。それは信託報酬として現れませんが経費として計上されています。結果的に信託報酬の面ではそれほど差が付いていません。

そしてETFはオープン型と違って資金の出入りが無い分売買コストが低いと言われていますが、マーケットメイカーが投資信託委託会社にETFを求めたり引き取りを求める時にETFの増減で売買があり、その時の売買コストは保有者が分担で負担することになっていて、こちらもそれほど差が付かないようになっています。

手数料を払うだけ損

「ETFの方が低コストだから」と保有する投資信託を解約してETFに乗り換えるのは、両者にコスト的に差があまり無い以上、売買手数料を払ってまでやるメリットは無いということです。

ETFは分配金を再投資するには売買単位まで分配金が出ないと再投資出来ないので、分配金の面でも投資信託からETFへの乗り換えはメリットが無いと言えるでしょう。

<スポンサードリンク>