投資信託はナゼ短期売買に不向きなのか

投資信託は短期売買に不利

とある人の話ですが、その人は日経225のインデックスファンドで短期売買をしていました。日経225で短期売買をするならば、日経225の先物またはミニか日経225のETFを使えばタイミングを狙って売買出来るのに何故か普通のオープン型投資信託でやっています。

その投資信託で短期売買をする理由は手数料を取られないからです。ノーロードならば買っても解約しても手数料を取られないため、値上がりした分だけ利益です。上記の例から見ると、投資信託が意外と短期売買に向いているのでは?と思えたりします。

しかし、どこを見ても投資信託は短期ではなく長期で保有する物と書いてあります。信託報酬が欲しいから証券会社がそう宣伝しているみたいに思えるくらいです。ただ、投資信託は本当に長期で持った方が良いです。その理由を今から説明していきたいと思います。

タイミングよく買えない

投資信託の欠点として、基準価額がいくらか分からない状態で購入させられることが上げられます。

基準価額が見えないブラインド方式とは

逆にいくらか分からない状態で解約をしなければならないため、「投資信託でタイミングよく」は実に難しい話です。そこで、タイミングよく売買出来るというメリットがあるということでETFが出来たわけですが、ETFには別の問題があり、実際には出来高が増えない状況です。

投資信託よりETFの方が得だと聞いたのですが…

<スポンサードリンク>

価格の変動が小さい

変動幅の小さい投資信託
インデックスファンドの短期売買の理由に手数料を取られないからとありますが、価格の変動が小さいため手数料を払ってまで売買が出来ないとの解釈もあります。それくらい投資信託は価格変動が小さいので手数料を払っての短期売買は難しいです。

ノーロードなら手数料を払わなくて済むから、短期売買が出来ると実際にされている人が居るくらいですから、短期売買自体は出来ます。しかし、いつもうまくいくとは限らないのが現状です。

インデックスファンドであれば株価指数に連動していますから、値動きが分かりやすく基準価額も有る程度予想出来ます。しかし、それ以外のファンドでは基準価額がいくらになるか分からないため、ノーロードと言えども短期売買は難しいでしょう。

価格変動が小さい原因ですが、投資信託では分散投資を行っているためです。投資信託は必ずと言っていいほど分散投資をしますから、どうしても値動きが小さくなってしまいます。そういった理由から短期売買に投資信託は向いていないのです。

そこで、少しでも値動きを大きくしようとブルベア型という変動が2倍3倍以上になる投資信託が出来て販売されるようになりました。

ブルベア型とは

投資信託は長期投資用に設計されていますから、株のように短期で売買するのは難しいです。それでも分散投資された投資信託を売買したいのであればブルベア型のETFを活用しましょう。ブルベア型こそ短期売買向けなのでタイミングよく売買出来るETFの方で売買することです。

<スポンサードリンク>