NISA(ニーサ)とは

最近よく耳にするようになったNISA、みなさんはご存知でしょうか。

通常、私たちが何かしらの投資をして儲けが出た場合、その利益には税金がかかります(2014年10月現在は20%)。副業として投資をした場合、年間の利益が20万円を超える際はこの税金を払わなければもちろん脱税になってしまいます。しかし、20%って多いと思いませんか?

税金がタダそこで、NISAつまり少額投資非課税制度が開設されました。NISAを利用すれば年間100万円までの投資によって生まれた利益に関しては、税金を払う必要がありません。投資信託で得られる分配金などのインカムゲイン、株式の売買で得られるキャピタルゲイン、どちらに対しても有効です。

<スポンサードリンク>

たとえば、月利2%の投資信託を100万円保有していた場合、毎月の分配金は2万円なので年間の利益は24万円になります。通常はここに20%の税金がかかるので、48000円を国に納める必要があります。ところが、NISAを利用すればこの税金が免除されます。

この差は大きいですよね。以上のようにNISAは税金を抑えるための便利な制度であることが分かります。また、これから投資を始めようという方には心強い味方でもあります。みなさんもNISAを上手く活用してみてください。

<スポンサードリンク>