NISAに向いている投資信託とは

NISAに向いている投資信託

NISAは少額投資非課税制度といって、年100万円分まで投資で得た利益に税金がかからない制度です。期間は購入時から最長5年間でして、5年後の価格が取得価格としてその価格を上回った分から課税対象になります。

ただNISAの対象外の商品もありまして、その場合は非課税のメリットを受けられません。投資信託はNISAの対象なのでその点は問題ないです。
NISAが有効な期間や金額

NISAの仕組みを詳しく知る

NISAに向いている投資信託を探す前にNISAの仕組みを知ってメリット・デメリットを知る必要があります。

まずNISAのメリットとして値上がり益や配当金、分配金がすべて非課税です。だから出来るだけ値上がりする投資信託を買った方が良いということです。逆にデメリットとして5年後の価格が取得価格になりますから、5年後に値下がりしたままだと含み損の状態で、値上がりして損を取り戻したと思ったら、取得価格を上回った分が課税対象となって、損をしている状態なのに税金を取られることになります。

<スポンサードリンク>

そして一旦NISAで取得後売却をすると非課税枠がその分無くなるので5年間は売却しないで済む商品を選ばなければならないです。

条件としては

まず値上がり益を狙える物、値下がりしづらい物、途中で利確して買い直す必要のない物との条件を満たす投資信託を探せばいいでしょう。

値上がり益を狙える物として値上がり益が乏しい債券ファンドは除外です。値下がりしづらい物として景気に敏感な株式型は除外です。

利益確定やリバランスをしなくて良い投資信託とこれだけ条件を提示すれば、この条件達を満たせる投資信託は1種類しかないです。それはディフェンシブ関連の株に投資をする投資信託です。

ディフェンシブ関連なら景気の影響を受けなくて長期にわたって少しずつ値上がりしていきますから、NISAのデメリットをすべてクリアします。ディフェンシブ関連として公益企業やインフラ関連、医療や食糧など景気動向に影響しない分野全般のどれかに投資をする投資信託がNISAに向いているということです。

他の投資信託は駄目なのか

バランス型はリバランスをファンド内でやるためNISA向きと言われていますが、バランス型は値上がりしづらいのでNISAのメリットを生かせません。

毎月分配型は分配金が非課税になるメリットがありますが、分配金の分だけ基準価額が下がるので、値上がり益が減る分実質同じです。NISAで投資をするならディフェンシブを期間まで長期保有をするのが良いでしょう。

<スポンサードリンク>