楽天銀行との連携でお得な楽天証券

ファンドの本数は多いが、アドバイスは微妙?

楽天証券の投資信託のファンド数は他のネット証券よりも取扱い本数が多く、力の入れ方が違います。また、楽天銀行を利用している人ならお金の振替が簡単に行えるため大変便利です。

しかし、気を付けていただきたい点もあります。楽天証券の投資をアドバイスする人達の内容があまり参考にならないことです。あくまで参考程度に聞き流して、投資判断は自分自身で行うようにしましょう。またはマネックス証券のような投資情報に力を入れているところで口座開設するのもいいでしょう。

楽天銀行との連携で金利がMRF以上にお得!

投資信託で楽天証券を利用するメリットとして、楽天銀行との連携をするマネーブリッジというサービスが有ります。このマネーブリッジを申し込むだけで、楽天銀行に預けている普通預金の金利が5倍になります。

実はこの金利5倍は結構すごいことで、金利的に楽天証券で資金をMRFで置いておくよりも楽天銀行に移した方がお得になります。証券会社はMRFでも信託報酬で利益を得ていますから、銀行に資金を移し替えられるサービスなど提供しません。
MRFについての解説はマネー・リザーブ・ファンド (MRF)とはを参照

<スポンサードリンク>

証券会社を利用しているからという理由で銀行が金利を5倍まで上げるメリットが有りませんから、ネット証券と銀行が連携している楽天グループならではのサービスと言えます。

先物やFX投資者に有利なサービスも

先ほど説明したマネーブリッジには先物やFXに有利なサービスがあり、それが投資安心サービスです。

株価指数先物取引で予想が外れて証拠金が不足した時、自動的に楽天銀行の口座から入金をして証拠金不足を解消してくれます。サラリーマンの方など忙しくて取引画面を見れなくて、いつの間にか追証になっていて証拠金を追加せず強制ロスカットとになるという問題を解消してくれます。

楽天FXでもこのサービスを活用出来ますから、深夜に追証が発生していて今日の6時までに入金という状態になっていても入金がされますから、証拠金追加の心配をする必要がありません。

<スポンサードリンク>