確実にお金を貯めるための3つのコツ

貯金のイメージ

社会人で毎月定期的にお金が入ってくるにもかかわらず、なかなかお金が貯まらず貯金が増えない人、意外に多いのではないでしょうか。私も昔は入ってきたお金はあるだけ使っていました。「貯金しなきゃなぁ」とは思いつつも、色々な誘惑に負けては「今度から貯めればいいか」という言い訳ばかりして・・・。

ところが、自分のやりたい事やお金の使い道が明確になってきて「そろそろ本気出さねば」という気持ちになり、色々試しているうちに今は普通に貯金ができるようになってきました。

今日は、貯金ができなかった自分が出来るようになるまでに気を付けた点を『確実にお金を貯めるための3つのコツ』としてご紹介したいと思います。

給料が入ったらすぐに入金

1つ目のコツは、あらかじめ毎月いくら貯めるのか決めておいて、給料が入ったらその日のうちに入金することです。

明日ではだめです、給料日当日です。お金というのはあればあるだけ使ってしまうのが人間です。お金を管理できる人ほどこの習性を心得ています。ここで入金するお金は生活費とは別の独立した貯金とし、使わないようにします。入金するお金は個々の給料にもよりますが、生活に支障が出ないよう無理のない額にしましょう。

<スポンサードリンク>

また上記に関連して、普段から財布に入れておくお金は少なくするようにしましょう。たまに「ある程度入れておかないといざというとき不安」といいう方がいますが、今は深夜でも休みの日でもコンビニに行けばいくらでも出金ができますから心配ありません。

貯金用の銀行口座を作る

貯金できない人同士で大体共通しているのが、生活に使うお金と貯金の区別が明確になっていない点です。特に顕著な例が先ほどの2つのお金を同じ銀行口座で管理している方です。

どんなに頭脳明晰な方でも2つのお金が入り混じった口座では、うまく管理などできません。必ず貯金用の口座は別に開設しておくようにしましょう。

また、1つ目のコツで挙げたすぐに入金のの預け先は、もちろんこの貯金用口座です。

このように貯金用口座で別管理しておくことで、いくら貯金ができているかが明確になるだけでなく、通帳を見ればどの月にどれだけ入金できているかの実績チェックも行うことが可能です。

貯金以外で余ったお金は使う!

最後のコツは、皆さん意外と思われるかもしれません。ですが、何事もメリハリが大事です。ただひたすら切り詰めてお金を貯めるだけでは人生の面白みがなくなってしまい、結局何のために貯金をしているのか分からなくなってしまいます。

もし明確な目標がありお金を貯めるのであれば、最初に入金する額を少し増やすことで貯金総額も増やすことができます。

いずれにしても、しっかり別口座で貯金が出来ているのであれば、生活用口座の余りは思い切って使ってみましょう。決められた貯金をした上での消費ですので、心配せず使ってしまって問題ありません(使い道がないのに無理する必要もありませんが)。

使い道は人それぞれかもしれませんが、次の給料日直前まで我慢しておくと、結構贅沢ができます。美味しいものを食べに行ってもよし、ライブに行くもよし、趣味に使うもよしです。

<スポンサードリンク>