国の年金に頼らない自分年金のすすめ

自分年金とは?必要?

今の日本、少子高齢化が進み年金に不安を抱える人は多いです。現段階でも年金生活に苦しさを感じている方は多く、今後はその傾向が強くなる見込みです。今のような年金に頼った老後の生活のままでは、やっと仕事を終えた後の老後を楽しもうにも、お金がなくて何もできないという状態にもなりかねません。

そこで、提唱されているのが自分年金です。

自分という言葉からも分かる通り、国から用意される年金の他に自分でも年金を作ろうというアイデアです。以下の項で、お金を貯めて自分年金を用意したい人向けと、投資によって用意したい人向けに方法を分けて考えてみました。

貯蓄タイプ

まず、貯蓄によって自分年金を用意したい人は老後に必要なお金の総額を知る必要があります。

一般的な世帯の1ヵ月の生活費が24万なので、30年間の計算だと30年×12ヵ月×24万円=8640万円になります。また、医療費などもしものときのお金を考慮すると約1億円あると安心です。

いきなり1億と聞くと大きいお金ですが、年金は国から出る平均年金額は22万円と言われているので、30年×12ヵ月×22万円=7920万円になります。ということは、自分年金として貯蓄するべきお金は2080万円です。

段々と現実的な数字になってきました。

<スポンサードリンク>

2080万円なら人によっては退職金でまかなえる人もいるのでは。とにかく、20代から働き始めて65歳で定年退職する場合、40数年の間に約2000万円貯めておけば老後は心配なく暮らせるということが分かりました。

投資タイプ

次に投資で自分年金を捻出する場合です。

こちらの場合は考え方が少し違います。なぜなら、投資の場合は老後も継続的に資産が増加するため、貯蓄のように切り崩していくものとは別次元の方法だからです。いくら貯めるのかと考えるのではなくて、毎月いくら足りないのかで考えます。

不足分の2080万円を360ヵ月(30年間)で割ると、毎月5.7万円足りない計算になります。逆に言うと、毎月あと5.7万円あれば老後の生活に困らないという話です。で、いくら必要なのかというと、1000万円で足りるのではないかと思います。

年間で8%利回りの分配型投資信託などは大手のネット証券で見かける商品があり、年利8%で1000万円を回せば1年間で80万円(1ヵ月に直すと6.6万円)のリターンです。これ以上利回りの高い商品だとリスクも相応に高まるので、上記の計算ぐらいのものが適当だと思います。

つまり、投資によって自分年金を要しする場合、貯蓄型の人に比べ半分のお金で済みます。更にいうと、投資型の場合は1000万円は投資用の種銭として運用するだけなので、1000万円は丸ごと遺産として残るという大きな利点も忘れてはなりません。

<スポンサードリンク>