投資の目的をしっかり持つ

投資信託に限らず、投資を始めるうえで目的をしっかり持つことは非常に重要です。

目的を持つ
皆さんの中にも「お金がない」「欲しいものがあるけど買えない」といった悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。かといって副業に充てられる時間もあまりない。そんな経緯から投資を始める人は多いです。

実際、正しい方法で投資を行えば時間対効果としてはかなり高いと言えます。ただし、この『正しい方法』に従うというのが難しく、多くの投資家が損をしてしまう原因はここにあります。

なぜ多くの投資家が損をしてしまうのか。

それは投資の目的をしっかり持っていないことが理由に挙げられます。

自分はいったい何のために投資を行うのか、その目的がはっきりしていないと投資に本気で向き合えないからです。年代や環境、性別によってもその理由は変わってくるかもしれません。

<スポンサードリンク>

ですが、単に「お金持ちになりたいから」といった抽象的な目的ではなく、「10年後に自分の店を出すために300万円必要だから」「老後の生活のために2000万円は貯めておきたい」といった具体的な目的を持つことで自らの投資スタイルがぶれなくなります。

以下の記事は目的を探す手助けになるかもしれません。
子育てにかかるお金
老後に必要なお金ってどれぐらい?

そういった理由から、投資を始めるにはまず目的をしっかり持つことが重要なのです。初心者の方がよくありがちな間違いに「技術やテクニックをまず身に付けなきゃ!」という考えがあります。しかし、実際は投資に向き合うメンタルやスタンスが確率されて初めて、投資技術やテクニックが活きてきます。

もしこの記事を見た方でまだ投資の目的が明確になっていない方は、目的の定め方も参考にするといいかもしれません。

<スポンサードリンク>