老後に必要なお金ってどれぐらい?

老後はいつから

悩む老人老後という言葉はよく聞きますが、老後って何歳からを意味するのでしょうか?

私個人の意見としては、定年退職と言われる65歳を超えたら老後だと考えています。人によって差こそあれ、70歳を超えてバリバリ働いている人は稀です。

一昔前までは定年退職が60歳だったこともあり、65歳よりも早く仕事をリタイアされる方も少なくありません。

ということは、会社という存在から入ってくる定期収入はいつか完全になくなるわけですね。だからこそ、老後に安定した生活をするための貯蓄をしておいたり、投資をする必要があるのです。

老後にかかるお金

老後にはどれぐらいのお金がかかるのでしょう?

分かりやすい話、総務省の調査によると60歳以上世帯の1ヵ月の生活費は24万前後と言われています。あくまで平均なので一概にはまとめられませんが、世間一般的にはこれぐらい掛かるということです。
この金額を見てみなさんはどのように感じましたか?

<スポンサードリンク>

「こんなものか」と感じた方は何の心配もないでしょう。しかし、「意外に多い」と感じた方、諸々の準備を初めてください。

また、上記のお金はあくまでも生活費であり、歳を取ると医療費や介護費用など色々とお金が掛かります。そういった予想できない出費も含めると、毎月の生活費とは別にお金を用意しておきたいものです。

将来の老後でどのぐらいお金が必要かのシミュレーションなども行っておくと数字として見えるので安心です。gooマネーの提供している老後資金シミュレーションでは、自分のライフスタイルに合わせた老後資金の計算ができます。

年金をあてにされる方へ

ここまでの記事を読んで「年金があるじゃん」と思われた方、現在の年金平均額をご存知でしょうか。実は厚生年金と国民年金を足しても22万程度です。これまた平均なので、万人に当てはまるわけではありません。

しかし、1つ言える事はもらえるお金の平均よりも掛かるお金の平均の方が少ないという現実です。

つまり、平均から考えても黙っているだけではお金は足りないという話です。そこで、投資が重要になってきます。もちろん十分な貯蓄がある人には必要ないかもしれませんが、少しでも将来の老後に不安のある方は投資を考えてみても良いと思うのです。

<スポンサードリンク>