分配金が多くもらえる方が良いファンドでしょうか?

分配金を出すとファンドの人気が出やすい?

投資信託で毎月分配型が大変人気でして、人気の理由といえば毎月定期的なお金がもらえるからでしょう。毎月分配型のファンド以外でも、分配金が出るファンドと出ないファンドでは出る方が売れています。更に一時期は、分配金が多く出る方が人気が出やすいからと高分配型のファンド販売が流行っていました。

しかし、分配金が多く出るからといって簡単に売れるとは限らなくなり、高分配型のファンドの新規設定は今では減少傾向にあります。

分配金が多いと危険?

分配金が多く出るファンドですが、毎月の分配金を捻出する為にファンド本来の投資先以外にも投資をしたりして分配金を作っていることがあります。分配金を作る為に無理な投資をしているファンドも多く、逆に損をして高分配が出来なくなるファンドも有ります。故に分配金が多くもらえるファンドだからといって良いファンドだとは言えません。

運用がうまくいかず収益から分配金を出せないファンドでは、分配金が元本払戻金として投資した資金が戻ってくるだけですので、総資産で見たときにプラスになっているわけではありません。元本払戻金は利益ではないため税金は引かれませんが、元本が戻ってくるわけですから、分配金として受け取る意味が無いです。
分配型投資信託は損?税金とタコ足配当

<スポンサードリンク>

適正な分配額であることが大事

高分配型は高分配を続けられるように設計されていて、実際に高分配を続けられているファンドも有ります。そういうファンドなら良いファンドとして判断出来るかもしれません。

しかし、たとえ過去に高分配を続けられていたとしても、今後も高分配を続けられるとは限りません。分配余力が1年以上有っても高分配が続くか続かないかは投資先次第です。

つまり、分配金が多いファンドが良いファンドなのではなく、適正な分配金を出し続けるファンドが良いファンドです。そういうファンドの選び方ですが、投資先に見合った分配金の金額となっているかで判断できます。なにも基準価額が上昇していることが絶対条件ではありません。毎月分配金で基準価額が下がることを考えると、基準価額を一定額で長く維持しているファンドは、毎月分配型として十分優秀なファンドと言えるでしょう。

債券ファンドなどは投資先の債券の金利水準から計算して、金利収入未満の分配金ならば問題ないといったように分配金の額を設定しています。金利収入を上回る分配金でしたら、含み益まで分配していると考えられて、近いうちに含み益が無くなって減配になる恐れが有ります。このように購入してから分配金が下がってがっかりなんてことにならないよう、分配金目当てでしたら無理な分配をしているファンドは避けるべきです。

<スポンサードリンク>