1つのファンドだけでなく分散して投資した方がいいですか?

確実に儲けたいなら分散

投資をするならば分散投資をする方が良いとよく言われています。ただ分散し過ぎると、必ずどれかが足を引っ張る形になって思ったほど儲からないという結果になったりします。また、分散投資をすればリスクは下がりますがリターンも下がりますから、分散投資をすれば必ず良いとは限りません。しかし、大きくリスクを取ってまで資産を増やしたくないならば、分散投資をすべきです。分散投資をした方が収益力が減りますが収益チャンスが増えますから、その分堅実に稼げます。

分散のポイント

分散には色々あり、一つ目は時間分散です。これは一つの銘柄を1回で買わずに複数回時間をずらして買います。ファンドで買う場合は1日1回ですから、時間分散の場合は日をずらして買います。分散効果として一括で買う場合は全額を高値で掴む恐れがありますが、時間分散はそういうリスクを避けます。
一括投資と積立投資

<スポンサードリンク>

次に銘柄分散です。ファンド内ですでに銘柄分散されていますが、ファンドそのものを分散して買うことによって、ファンドの変動リスクを小さくします。時間分散との違いはファンドの種類が複数のため、各銘柄ごとに保有量を調整することが出来ます。価格変動に合わせてリバランスをして、更なる運用成績のアップを目指すことが可能です。

最後に資産分散です。資産を一つの種類に集中しないで株や債券、リートと複数の投資対象に分散します。この場合株は株式型のファンド、債券は債券型のファンドとファンドで資産分散をします。これも各ファンドの値動きに合わせてリバランスをしてリターンを上げることを目指していきます。

分散するうえでの注意点

分散比率は各方法ごとに特に決まってはいません。比率は各自の判断で決めるようにしましょう。ただ時間分散の方は証券会社の制度上、積立などは1銘柄に付き月に1回など制限がありますので、積立をするならば利用する証券会社の積立制度を良く調べて利用する必要があります。

分散はリスクが小さくなるだけで、必ずしもリスクが無くなるわけではないです。また、分散しても軽減されるリスクの量もその時その時によって違いますから、効果が大きかったり小さかったりします。おのため、分散していてもリスク許容度を超えるリスクを取らないよう投資する金額も適度にして投資をすることが大事です。

<スポンサードリンク>