投資信託は証券会社と銀行のどちらが良い?

投資信託は、昔は証券会社でしか買えませんでしたが、今では銀行でも買えるようになりました。そのため、証券会社の店舗が近くに無い場合でも、銀行の支店で投資信託を買えるといったように、投資信託を使った投資が便利になっています。

銀行が近くにあるから、投資信託を買うだけなら証券会社に口座を開設しなくても銀行で買えばいいと、銀行で投資信託を買う人も多くなっています。ただ銀行の場合は品揃えが不十分です。銀行も投資信託の品揃えを強化してきていますが、証券会社に比べるとまだまだです。それでも欲しい商品が有るならば、銀行で購入しても問題はありません。

しかし、証券会社を使えるのでしたら、証券会社(特にネット証券)を使う方がお得です。

<スポンサードリンク>

何故なら投資信託の購入代金及び解約の代金ですが、証券会社はMRFという投資信託で運用されるのに対して銀行は普通預金です。どちらも今は超低金利ではありますがMRFの方がまだ金利が高いです。

また、証券会社の店舗が近くに無い人でも、ネットが使える環境ならばネット証券に口座を開設すれば良く、気になるネット証券への入金や引き出しもネット証券は銀行口座から手数料無料で入金と出金が可能です。以上の理由から、投資信託を証券会社と銀行とどちらでも買えるのならば証券会社(ネット証券)の方で買うようにしましょう。

~~~~~~~~~~~お得なキャンペーンのご紹介~~~~~~~~~~~

当サイト管理人経由でマネックス証券に口座開設いただくと3000円ゲットできます。
詳しくはマネックス証券の紹介キャンペーンをご覧ください。
<スポンサードリンク>