販売会社、運用会社、信託銀行どこかが破綻したらどうなりますか?

販売会社が破綻した場合

投資信託は株式と違って、投資のプロの人達に運用してもらう投資です。自分の大事な資産を投資信託の販売会社を通じて他者に預けることになります。

この時、販売会社は投資信託の販売をしているだけで、運用は投資信託委託会社という運用会社が運用しています。そのため、販売会社が仮に潰れても運用会社の方に問い合わせをすれば、保有する投資信託の確認は可能になります。また、投資信託だけでなく他の金融商品もすべて分別管理という形で販売会社の財務会計から切り離されていますから、販売会社が破綻しても問題ありません。

運用会社が破綻した場合

では、運用会社が破綻したらと心配になりますが、その場合も運用会社は分別管理の形を取り、投資信託の資産をすべて信託銀行に預けているため、運用会社が破綻したとしても預け金が無くなることはありません。実際、運用会社が破綻する場合は、破綻の前に販売会社の方から運用会社の信用リスクが高いから、投資信託の換金を勧めるお知らせが来ます。そのため、運用会社の破綻が来るとしても、先に換金することも可能です。

<スポンサードリンク>

信託銀行が破綻した場合

ここまでで販売会社も運用会社も投資信託の資産は信託銀行が管理してるから、両者が破綻したとしても資産は守られるのは分かりました。それでは、投資信託の資産を管理している信託銀行が破綻したらどうなるでしょうか?

この場合も、資産は分別管理となっており、あくまで運用資産は預かっているだけであり、信託銀行が手を付けることは一切ありません。そのため、仮に信託銀行が破綻しても投資信託の資産は保全されます。また、もし信託銀行が破綻しそうになると、運用会社が投資信託の資産を先に他の信託銀行に移しますから、信託銀行の破綻には巻き込まれないようになっています。

そんなわけで販売会社、運用会社、信託銀行のどこかが破綻しても、投資信託の資産は分別管理されていますから、破綻による資産の喪失は心配する必要は無いです。
分別管理による保有資産の安全性

<スポンサードリンク>