なぜ投資信託が副業に最適なのか

最近では所属する会社からもらう給料だけでなく、副業でお金を稼ぐ人が増えてきました。終身雇用や年功序列の崩壊、少子高齢化による医療費の圧迫、年金への不安、様々な理由から個人のお金に対する自立化が進んできました。

どんな副業をお望みですか?

世の中には多種多様な副業が存在します。もしあなたが今既に何かしらの副業をしているとしたら、それが以下どの分類のものかまずは確かめてみてください。

  1. 身体を使う副業
  2. 頭を使う副業
  3. 不労所得の副業

身体を使う副業とは、コンビニ店員やイベント派遣、お掃除屋さん、工事現場など、物理的に身体を動かす仕事のことです。

頭を使う副業とは、デザイナーやコンサルタント、株式投資、FXなど知識や技術を使って行う仕事を指します。

では、不労所得の副業とは?

何を隠そう、この不労所得の副業が投資信託なのです。なぜ副業として投資信託が最適なのかはここにあります。

<スポンサードリンク>

つまり、他の副業は身体であれ頭であれ何かしらの体力を消費し、また、時間も必要とします。更には、その消費に伴いストレスが発生し、本来副業としてプラスαのお金を稼ぐのが目的であるのに、本業に支障をきたす可能性まであります。

しかし、投資信託であれば一旦お金を注ぎ込めば運用はファンドマネージャーが行ってくれるため、私たちが直接手を加える必要がないのです。そのため、土日の休みに副業のために働いたり、本業に悪影響が出ることもありません。

以上が、なぜ投資信託が副業に最適なのかの理由です。

もし現在の副業で辛い思いをしている、自由に使える時間を増やしたいと考えている方は、一度、投資信託の検討をお勧めします。もちろん、闇雲に投資すればいいのではなく、現在の貯蓄や、どれぐらいのリターンが欲しいのかをしっかり考えたうえで購入する銘柄を選ぶようにしましょう。

<スポンサードリンク>