サラリーマンです。副業で投資信託を考えているのですが良いと思いますか?

投資信託は、株式投資に比べると儲かるのに時間がかかるため、副業というよりも普通に投資として活用するのが望ましいです。ただ副業的な利用方法も有りまして、不動産投資をして大家さんを副業とする代わりにリートという不動産投資信託を購入してその投資信託から得られる分配金を家賃収入の代わりに得るということは出来ます。これならば実際に不動産投資をするよりも手間がかからなくて楽です。分配金の原資もほぼ投資信託が保有する不動産からの家賃収入ですから、家賃収入を得ているようなものです。

<スポンサードリンク>

副業の形式にこだわらなければ、普通の毎月分配型を買って、分配金を収入として受け取っていけばいいでしょう。ただ毎月分配型は、儲かっていなければ元本払い戻し金として分配金が出るため、せっかく投資した分が戻ってきてしまうので、毎月分配型を選ぶときは安定的に利益を出しそうな毎月分配型を選ぶようにしましょう。

いずれにしても、投資信託を副業にする場合は通常の副業とは意味合いが異なります(良い意味で)。

短期株式売買やせどり、アルバイトなど、普通は時間を使ってアクションを起こす必要があります。ですが、投資信託であれば購入してしまえばファンドマネージャーが運用しますから、他の副業に比べ圧倒的に時間がかかりません。そういった意味で、既に他の副業をされている方にも、投資信託を新たに副業に組み込むのもおすすめです。

<スポンサードリンク>