良いファンドの特徴を教えてください。

良いファンドの条件としてまずは基準価額が下がりにくいことです。せっかく相場の流れに乗って上昇しても下げに転じたときに上昇分を打ち消してしまえば、上がっていないのと同じです。また買った時に下がるのは一時的だとしても精神的には良くないです。下がっても少しくらいなら気持ちを落ち着かせてファンドの保有を継続することが出来ます。

そういった良いファンドの分かりやすい見分け方は、単純に基準価額が長期にわたって販売時の1万円を超えているファンドです。1万円を超えて居続けているのは下げ相場でも利益を守れているからです。

次に分配金が適度であることです。分配金が毎月貰えるからと毎月分配型が人気ですが、その人気を狙って高分配の毎月分配型が販売されましたが、しょせん分配が無理だったせいで減配になったり、分配金を出し続けられても基準価額が1万円を割りどんどん下がっていく状態になったりしています。分配金が出るのは悪くは無いことです。ただ、無理に分配するとファンドの総資産が減って運用に悪影響を及ぼすから、無理に分配するファンドは駄目だということです。

<スポンサードリンク>

逆に無分配のファンドも良くないです。分配金を出せないのは分配金を出せる余裕が無いくらい運用成績が悪いからです。

最後に他の同じ投資先に投資するファンドを比較して他者より色々優れているファンドです。これならばどれが良いか分かりやすいです。よく同一種類のファンドに複数投資する人達が居ますが、成績の悪い方が成績の良い方を逆転する可能性は極めて低いため、分散投資のメリットを得られません。ですから、一番成績の良いファンドに集中投資した方が良く、同一種類のファンドに複数投資する必要はありません。

<スポンサードリンク>