投資信託の口数ですが1口の意味がよくわかりません。

基準価額は1万口=○○円で表記される

投資信託の口数ですが、口とは数を表す単位でして、どれだけ投資信託を保有しているかを表します。株の場合ですとみなさんご存知の通り1株と表示しています。

また、投資信託を新規設定する際は1口を1円で販売します。そのため、新規で売り出される投資信託を購入する時は1万円で1万口購入ということになります。

この口数の考え方ですが、基準価額を表示する際も特徴があります。基準価額は1口の基準価額ではなく1万口の基準価額で表示されます。この点は株とは違う表記になっています。しかしETFなどの上場投資信託は株と同じ感じで、1株が1口となっています。

1口1円で設定する理由と良い点、悪い点

1口を1円と設定したのは投資信託を細かく解約出来るように計算をしやすくする為です。このおかげで購入者は小数点以下の数字で解約注文を出さないで済ませられます。そして小数点以下の数字を切り上げられるので、保有時も端数が無くて計算しやすい数字になります。ただ、初心者には基準価額が1口当たりの値段と誤解を招きやすい問題もあります。分配金も1口いくらではなく1万口で何十円と、初心者にはわかりづらく1万口を切る分の計算も面倒くさいという欠点もあります。

<スポンサードリンク>

1口の価値の決め方ですが、投資信託の総資産を投資信託保有者の受益権総口数で割って算出します。そうして出た数字は投資信託の価格ではなく価値を表しています。
1口の価値投資信託を購入する時は、投資信託の受益権という権利を買うことになり、購入資金に応じて受益権を配分して、権利の数を口数で表します。そして権利に応じて利益を分配しますから、違うタイミングで同じ金額を投資した場合、口数が多いほど投資信託の利益を多く受け取れます。

投資信託は基準価額が重要で、口数はあまり関心が持たれませんが、総口数で基準価額が決まるほど口数が重要でして、分配金も口数に合わせて貰えますから、口数は大事なものと考えて、予め確認をしておいた方が良いでしょう。

<スポンサードリンク>