何を買っていいか分かりません。初心者におすすめな投資信託はどんなものですか?

投資信託を買う時は、必ずと言っていいほどよく分かる投資信託を買うべきです。よく分からない投資信託を選んで買っても運良く儲かるかもしれませんが、それでは投資の実力が付きませんし、利確のタイミングを逃して損になる場合が多いです。よく分かる投資信託を買って、買う時のタイミングを考えて選び、キャピタルゲインで儲けを狙う場合は利確のタイミングを考えて、解約して利益を確定していかなければなりません。

しかし、初心者の人にはよく分かる投資信託がありません。そのため、何を買っていいか分からない状態になります。では初心者にもお勧めできる投資信託というと、毎月分配型の投資信託です。毎月分配型は、あまりよく知られていませんが、毎月分配を継続できるように商品設計していますから、それだけ確実に収益を得られるようになっています。また毎月安定的に分配が出来るように相場の動向に左右されないように商品設計されています。

<スポンサードリンク>

これが普通の投資信託ですとそのまま相場の変動を受けますから、儲かったり、基準価額が下がって含み損になり、そのまま下がり続ける場合があります。毎月分配型も相場の変動で値下がりしますが、普通の投資信託より下げにくいことは確かです。

毎月分配型だと分配金として投資資金が返ってくるから、その分投資効率が落ちて儲けが少なくなると思われがちですが、投資は常にうまくいくとは限りませんから、儲かった分はある程度現金化して次のチャンスに備えるべきです。上級者は無理にポジションを取らず、チャンスをものにするため上級者です。分配金を貰いながら次の投資先を探して投資出来るようになりましょう。

最後に毎月分配型と言っても特殊な仕組みのタイプは買わない方がよいです。それらは高分配を目指して作られた投資信託でして、高い分配金を出せる代わりにリスクが高くなっていますから、初心者向けの投資信託ではないです。買う時は利益分を適度に分配するような、ごく普通の毎月分配型の投資信託を選ぶことです。

<スポンサードリンク>