投資信託は他の投資に比べてリスクがどのぐらいあるのですか?

よく投資信託はリスクが小さいと言われますが、実際どれくらいリスクが小さいかは単純に比較してみると分かります。

アクティブファンドの保有銘柄は50から60ぐらいだとして、50銘柄保有ならば倒産リスクは個別で買うよりは50分の1になります。インデックスファンドになると保有銘柄は100を超えますから、もっとリスクが小さくなります。これくらい銘柄を保有しているとすべて大きく下げることは滅多にないため、信用取引みたいに大損することはまずありません。さらに、これだけ銘柄を保有しているにも関わらず解約注文を出せば簡単に現金化出来ますから、不動産みたいにすぐに現金化出来ないリスクも無いです。

<スポンサードリンク>

もっと言えば、個人投資家にとってのリスクである相場に張り付けない状態に対しても、投資信託ならファンドマネジャーが相場を見て売買していますから、知らないうちに大損することはありません。そういう面でも個別株よりリスクは小さいです。

投資信託で一番気になる運用会社が倒産して投資信託の資産が消失するというリスクも、投資信託の資産は信託銀行で分別管理されていますから、運用会社に流用されることは無く、その点も他の投資と同じでリスクは無いと考えていいでしょう。

<スポンサードリンク>